上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。ジュリア キャメロン (著)



ひとは常に創造的であれと、何かで挙げていましたが、


本書はだれもが持つ創造の部分、アーティストがいるといっています。


しかしながら、これまでの環境や立場といった様々な状況の中で


自分自身創造的である事はなかなか表に出てきません。


(出そうと思ってもそう簡単ではありません)


自分のアーティストチャイルド(いわばアーティストの卵)と定期的に向き合う時間を


持つためのプログラムをレッスン形式で書いています。


キーワードはモーニングページとアーティストデートです。


さっそく始めてみました。


毎日は難しいにしても、このては継続が大事です。


とにかく手を動かして最初は書いてみる、という事から始まります。



ぐらっちぇけ
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
ぐらっちぇけです。


ようやく急に秋らしくなりましたね。


私的に、食欲の秋が発動しました。




さて、先日京都行ってきました。


紅葉まで待っていれば良かったのですが、ちょうど休みが取れた事もあり、


一人旅です。




緑の樹々の中にも、金は良くはえますね。


kyoto


残暑厳しかったのと、基本的に歩きで行動していたので汗だくでしたが、


じっくり街を巡ったのも中学ぶりでしたので、とても印象的でした。


また、紅葉のシーズンに合わせて行きたいですね。




次回は、興味深い書籍を見つけましたので、ぜひ載せていきます。


ぐらっちぇけ
テーマ:一人旅
ジャンル:旅行
こんばんは、ぐらっちぇけです。


まだまだ残暑厳しいですが、この頃は遅めの夏期休暇でした。


日々の馴染みの風景を離れ、山奥へ。


偶然見つけたパワースポットにも立ち寄りました。


平日は電化製品の電磁波を浴び続けている私ですが、


一瞬でも、毎日のごたごたを忘れ去り、


マイナスイオンを思いきり浴びてみましょう。


66


ぐらっちぇけ
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
こんばんわ、ぐらっちぇけです。


金曜日、楽しんでますか?


今日は書籍のレビューをお休みして、かわりの話をします。


ずばり、休活のススメです。


休活とは、休日にする活動のことです。


そんなの、いつもやっているよ、


昼ごろおきて、ご飯食べて、ごろごろして、夜になって、タラタラテレビみてお休み?。。


というのは休活ではありません。


休活というのは、だらだら過ごす・仕事の延長等ではなく、


自分のやりたい事、好きな事を突き詰めてやってみる事です。


それが、仕事の役職ではなく、やがては自分というブランドが開花するのです。


1.好きなこと、やりたいことをさがす。

2.連続した時間を作る。


まずはここから。


ぐらっちぇけ
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
モチベーション3.0 ダニエル・ピンク


今回は、モチベーション3.0 ダニエル・ピンクについて挙げてみる。


最近ぐらっちぇけは暑さでモチベーションが落ち気味なのだが、


モチベーションは何でも当てはまる。


仕事、勉強、スポーツ、etc


全てモチベーションと成果は関係している。


タイトルは3.0とありますが、3.0とは何だろう。



1.0 生存を目的とした人類最初のOS(本書ではOSという例えをしている)

2.0 アメとムチ

3.0 内面から湧き出るやる気


1.0はまさに動物的な部分、2.0はご褒美でつる方法、


そして、本書は3.0、ご褒美でも罰を恐れるでもない内発的なやる気!を挙げている。


衝撃的であったのは、ご褒美がもらえると分かっている仕事は、


著しく成果が落ちるという事実の記載だ。



いつか、聞いた事がある。


ほんとに好きな事は仕事にしてはいけない。


成し遂げる事は報酬に結びつくと、心から楽しんでやりたいと思う気持ちが


いつのまにか、色々な決まりや制限に束縛される事で、


いずれやりたい事のリストから外れる。


自分自身にも思う部分があり読みやすい一冊である。





ぐらっちぇけ
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
ぐらっちぇけです。

毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか。


今日は書籍の紹介のかわりに、イメージ力について書いています。


考えがまとまらない時、どうされていますか?

うんうん考えていても進まない、終わりが見えない。

だからといって簡単に投げ出す事もできないですね。

さあ、どうしましょう。


私の場合まず、手を動かしてみる事を言われました。

わかる所、できる部分までやってみる。

ここでは、形にするという作業が大事になります。


どうでしょう、始めよりずいぶんイメージしやすくなりましたね。


私は、写真が好きです。


想像していなかったもの、あるいは想像以上のイメージに出会う事で、

いろいろな刺激を受けられるから、だと思います。

ある日の昼食・チーズもりもりで
チーズが旨い


考え事はカフェで
考え事は喫茶店で


あまりカテゴリは増やしたくないのですが、今後もちょくちょく

写真をアップしたいと思います。


ぐらっちぇけ
テーマ:街の風景
ジャンル:写真
実践するドラッカー【行動編】



「時間管理シート」など実践シートも満載。ドラッカー教授の教えを


毎日の仕事に活かす、プロフェッショナルのワークブック(書籍紹介文より抜粋)



PFドラッカーの実践版です。


前回、ドラッカーのマネジメント-基本と原則エッセンシャル版を


紹介しましたが、実践するドラッカー行動編は、ドラッカーの考えを


毎日の仕事に実践する、ワークブックになっています。



本書は4つの行動原理に集約されているのですが、時間管理など


すべては日々の活動の中で意識的・無意識的に行っている事です。


内容はとても分かりやすく端的に書かれているので、あとは実践するのみです。



しかし、自分の習慣はなかなかカイゼンする事が難しいです。


付属の実践シートをフルに活用し、習慣化する必要があります。


予定と実績を記載する事で、まずはしっかりと把握する事。


まずはそこから。





ぐらっちぇけ
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
WOMマーケティング入門 アンディ・セルノヴィッツ



マーケティングの退屈な教則本にうんざりしている人も多いだろうが(私もその一人)、

本書には時間を割いて読むだけの価値がある(著書説明より抜粋)


今回は、マーケティングの本についてである。


WOM(ワム)とはword of mouth、クチコミのマーケティングである。


本書では企業側・提供者の立場から、さまざまな例を挙げ、

クチコミマーケティングの説明から、成功のhowtoを書いている。


単なる方法論にとどまらず、我々消費者も、企業が話題性を得る為に

こういう部分に仕掛けを設けているんだなといった事が見える。


私自身も考えてみれば、これまで色々とクチコミに貢献してきた。

最近では、iphoneや、かかりつけの歯医者などだ。


実際に、クチコミマーケティングを展開する上でのワークシートも載っており、

ビジネスを展開している方には大変参考になる。


冒頭に書いているが、マーケティングの本は非常にこ難しく書かれている中で、

本書はかなり読みやすかった。





ぐらっちぇけ
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
暑い日が続いています。



ただの暑さじゃないところが大変です。



ほんとに梅雨明けが待ち遠しいです。



本日は、週末のため?完全に蛇足。



カレーパンです。



新宿中村屋の店頭にて販売していたので、買ってきました。

nakamura.jpg

これからいただきます。



夜食にしては完全にカロリーアウトですね。



ですが1年で6キロ太った私にはもはや、関係ありません。。



次回は、まじめにマーケティングの本を紹介します。



ぐらっちぇけ
テーマ:カレー
ジャンル:グルメ
フリー ~〈無料〉からお金を生みだす新戦略


前回に続き、フリーの中盤についてである。



今回あげているのは 新しいメディアのビジネスモデル だ。


冒頭に


無料ビジネスモデル自体は新しくない。

そのモデルがオンライン上のあらゆるものへ拡大していく事が新しい としている。



オンラインでのコンテンツはまさにフリーへと移行している。


なじみの深いところだと、オンラインゲームや音楽CDがタダであるといった部分だ。


本書では爆発的なipodも音楽無料化をする事で、ipodを普及させた会社もあげている。



結局は、あるものを無料にして利用してもらうが、直接的、間接的に限らず、

別の何かしらの方法で収益をあげているのだ。



最近、電車に乗るとipadを手にしている人をよく見かける。


私は書籍は紙で読みたいタイプだ、などと書くととても頭の固い人間に思われそうだが、


紙媒体の方が単に読んでる気がするからだ。


どうしても画面はながめてしまう。


ipadから、電子書籍が爆発的に火がつき、ほとんどが無料で


読めてしまうなどという時代もくるのだろうか。






ぐらっちぇけ
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。