上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7章 マネジメントの組織



組織構造はもっとも古くから深く研究されてきた。


それでも組織構造の研究には限りがない。


新しいニーズに応じて新しい組織構造が生まれている。

(本書より引用)



『組織構造こそ、成果をあげるための前提である。』とある。


非常によくわかる。組織はとても大事だ。



組織構造を始めに設計するのではなく、しっかりした戦略、すなわち

事業がなんであるべきかという問いかけが組織構造を決めるということだ。


最初にある通り、完璧な組織構造はなく、明記していないが、

明らかに欠陥な組織については挙げている。


1マネジメントの階層が深すぎる組織(役職が多すぎる組織)

2組織の問題を机上で解決しようとすること

3会議を頻繁に開かざるをえなくなること

4人の好き嫌いに気を使うようになること

5・・・・

6・・・・


組織改革とは、手術であり、リスクがともなう。


よって簡単に決めたり変えたりするものではないとある。



さあ、自身の組織ははたしてどうだろうか。



ぐらっちぇけ
スポンサーサイト
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。