上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラッカー マネジメントの第5章 マネジャー



マネジャーをしてマネジャーたらしめるものは、成果への貢献という責務である。
(書籍より抜粋)



職場に必ずといっているマネジャー。


マネジャーの定義とは。


無茶難題を言ってくる人?帰りに飲みに誘ってくる人?


偉い人?命令してくる人?



権限ではなく、専門家の一人として組織に貢献する責任を持つものである。


一人一人皆が専門家であり、専門家の知識・能力を全体の成果に結びつける、


一人一人にマネジメントを意識させる事。


マネジャーとはオーケストラの指揮者という例えをしている。



役割は、

事業のマネジメント、人と仕事のマネジメント、社会的責任。



マネジャーに要求される仕事5つ、


1目標設定
2組織
3動機づけ/コミュニケーション
4・・・
5・・・


本書には基本的な事として5つ記載されてあるが、はたしてどうか。


身のまわりでのコミュニケーション、十分にとれているだろうか。





ぐらっちぇけ
スポンサーサイト
テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。